« | »

2010.01.17

お問合せ番号追加の工事

先日もお知らせしましたが、当アートバインへのお問合せ電話番号。
新たに一つ設けました。
こちらはアートバインオーナー・クロス職人の携帯電話へ直通につながります。
携帯電話へ転送というシステムを導入したわけです。

インターネット及び電話回線を光で
2回線2番号利用を1番号(今回の職人携帯へ直通)追加をして
2回線3番号利用の工事をNTTさんにお願いしました。
世間で周知されている 0120 のフリーダイヤルの利用と検討したのですが、
普段の経費を少しでも抑え、お客さまへ還元するほうのがベストなので
追加番号で対応することに決定。

15日にNTTさんの工事担当者さんがこられました。
それまでの申し込み段階で、
わざわざ工事担当者さんにご足労願わなくても
私が対応できそうだったので
それを希望したのですが
何か不具合があったときに即対応ができなくなるといわれ
工事担当者さんにご足労願いました。

追加番号の工事というのは
NTT所内での話なので
その工事依頼と確認を電話でするだけのことで
「いや~私にでもできますやん」って話をしつつ、
PCを使ってアダプタ機器の設定確認をする作業があるらしく
その点は工事担当者さんにお願いするのが妥当ということ。

なのだが、
そのアダプタ機器へログインするIDとpassが合わず
ログイン出来ない事態が発生。
NTTさんと何度も電話のやりとりのあと
どうにもこうにもできず
ログインするにはアダプタ機器を初期化するしかないと。
初期化すると光電話の設定を一からしなくてはならず手間がかかるらしい。
現時点ではアダプタ機器の設定の確認に必要性がない状況。
こちらの希望の追加番号の設定は出来ている。
ということで、アダプタ機器の確認は省くこととなり
当然、その分の費用も省いていただき
当初の工事費の大方半分となり私はラッキーと心中拍手する。

工事担当者さんは
「ボクが来んかてよかったってことですわぁ」と笑ってはる。
ここぞとばかりに
私が初期化した場合の対処方法を問うと
「取説見てもらったら出来ると思いまっせ」と。
そうっすか・・・
なら必要なことがあればそうさせてもらうということで
無事に追加番号設定完了。

ということで、
お問合せやお見積もりは 072-929-8307 へお電話ください。
現場に出ているクロス職人の携帯電話へ転送されます。
転送された時点で通話料は当店の負担となりますので
ご安心してお気軽にお電話ください。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>