Home > 6月, 2010

2010.06.26

先日のワールドカップ

朝の3時から放送されたあのゲーム。
次男坊主は学校から帰宅して
「今日は8時に寝て11時に起きて、それからずっと起きとく。
ワールドカップを見る」という。

「ん~~1回寝たら、11時には起きれんやろ。
今から寝ぇ。6時に起こしたる!」と
夕方4時に無理から寝かす。

どこでもいつもで即効寝れるというありがたい体質ゆえ、
6時まで爆睡。

ていうか、今、期末試験前で部活が休み。
つまりは勉強をせんならんという身分ですやん。
とまぁ、6時に起きて、
「さぁ勉強しよか」と尻たたく。

「え~アンタの専門はバスケやん。サッカーは専門外やのに
ほんまに3時まで起きとくん?
起きれるん?」

「なんなら3時に起こそうか?」と親心を見せる。
「ええ。大丈夫。」

とりあえず、そこまで見たいワールドカップ。
万が一のこともあろうと
3時に携帯アラームをセットして私は早々と寝る。

3時のアラームが鳴る頃にはTVのスイッチもオンされ、
用意万端で
「3時になったら起こしてくれやぁ」と言葉を残して夢の中の親父を起こしている。
やるやん。

そんなこんなでリアルタイムでサッカー観戦。
私は5時に起きてお弁当を作らんならんし、そこからまた寝る。

5時に起きた時にはあと少しで試合終了のとき、
相手に1点入れられ2-1となる。

TVの実況のアナウンサーは
「引き分けでも・・・」とやたら云う。
いやいや、岡ちゃんは勝つ気でいたはんねん。
引き分けでもなんて後ろ向きなことはいうたらあかんわ。

と内心思いつつ、
結果、見事に勝ちはった。
よかったよかった。

3時まで起きてた甲斐があるってもん。

2010.06.22

Thank you….にびびる

出先で地下鉄の森之宮から乗車。
平日の真昼間なので営業中のサラリーマンやら
学生やらで
座席も空いている。

サラリーマンの隣に座った私の右隣に2人分ぐらいの
スペースが空いている。
そこに、女性が二人。
座ろうと寄ってきはったが
どうも一人の方はボリュームがあり
少々厳しい状況なので
私はサラリーマンの方に寄ったのだ。

少しでもスペースを空けるべく・・

っでなんとか
いやはやほんまなんとか。
座席に深くは肩が触れ合うので座れない。
ちょこと腰をおろし
両手は前に持ってくるという格好。

ちょっと狭いとこに座ってますってその女性が
スペースをちょっと空けた私に
「Thank you」とおっしゃったのだ。

外国のお方だったのだ。

とてもネイティブな発音。
当ったり前か・・・
その「Thank you」にびびる私。

とりあえず、頭をちょいと下げて
いえいえどういたしまして・・・と意思表示はしたものの
英語でこういうときはどう云うん?!

サンキューとちゃうし、
Thank you という
りっぱな発音。

そんなん聞かされた日にゃ~頭下げるのが精一杯。
Thank you でびびるようでは日本から出られへんやんと
情けない・・・