« | »

2011.12.18

ポールマッカートニーの映画と御堂筋イルミネーション。

ニューヨークのあのテロ事件を受けてアメリカに元気をというコンサートを開催したポール・マッカートニー。そのドキュメント映画(ポール・マッカートニー We love We make 911)を観に行ってきた。仕事が終わってからの時間帯なので20時半から上映の回。次男と私は先に梅田に向かう。合流して腹ごしらえ。これが本来なら梅田(映画館は新しく出来た大阪ステーションシティシネマ。ルクアの上。)に出てきたのでちょっとおしゃれなお店でともくろんでいたが、時間との勝負になり新梅田食堂街の煮干しラーメンを頂く。カウンターだけの背中は通りに面しているという椅子に3人で並んで座る。

 

煮干しラーメンというから、煮干しの姿があるのかと思い、お店の兄ちゃんに聞くとだしに煮干しを使っていると。注文して目の前に置かれたラーメンをまずはレンゲでおつゆを頂く。ん〜〜〜確かに煮干しや。私はこの味は好きやなぁ〜と頂く。

 

さぁ、いよいよ映画とルクアに戻るが、どこから11階にある映画館に行けるのかわからず、全然関係のないお店のお姉ちゃんに聞いてみる。エレベーターの場所を教えてもらう。大阪ステーションシティシネマは12ぐらいの映画館があるようだが私たちが上がったときには10名ほどが椅子に座っているだけ。20時半からの上映なので入場案内まで予告編スクリーンを観て過ごす。そして、あまりの人の少なさに、「どうする?3人だけやったら?」なんていいつつ、周りを見渡し、いかにもポール・マッカートニーの映画待ちの人を探す。・・・がいない。

 

そして、開演15分前の入場の案内。動き出したのはやっぱり私たち親子3人だけ。まさか〜〜といいつつ、一番奥の映画館に足を踏み入れる。当然、座席はもぬけの殻。ネットで予約した席に陣取る。「やっぱり3人だけやん!」と。そう、最後まで3人だけで貸し切り状態で映画を堪能。

 

懐かしいThe Whoのピートタウンゼントも出てきて、そのええおっちゃんぶりになぜだか安心したという私。エルトンジョンとポール・マッカートニーが正面切ってキスをしたのに笑いそうになる。さすがエルトンジョンと思う。キースリチャードとミックジャガーは細いんだけど同じようにしわくちゃになったええおっちゃんぶり。動きは変わらずのところがすごい!と感心。ビリージョエルは変わらんなぁ〜と観る。最後、新しい曲のFreedomを熱唱のポール。単純だけどとてもいい曲。

 

大阪駅の一等地にある映画館で貸し切り状態で観るという貴重な体験とともに、温かい映画でシアワセな気分で映画館を出る。すると目の間の広場(空中庭園風)はスノーマンだらけ。

この子があちらこちらに点在。

そして可愛らしく並んだスノーマン。

隣のビルの壁に映し出されるクリスマス映像。すっかりクリスマスムードいっぱいの広場。だが、寒い!一通り見て、明日も仕事と学校の身。駐車場に急ぐ。

 

前の日から始まっている御堂筋イルミネーションを観て帰る。というか、御堂筋を中央大通りまでイルミネーションの中を南下。

 

さすが大阪のメインストリート。銀杏並木がクリスマス仕様になっている。ええものをいっぱい観た夜でした♪

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>